必ず受かる情報処理技術者試験

当サイトは、情報処理技術者試験に合格するためのWebサイトです。
ITパスポート試験,基本情報技術者,応用情報技術者,高度試験の過去問題と解答及び詳細な解説を掲載しています。
  1. トップページ
  2. 応用情報技術者
  3. 平成27年度秋季問題

平成27年度秋季問題

問題1

0以上255以下の整数n に対して、

と定義する。
next(n )と等しい式はどれか。
ここで、x AND y 及びx OR y は、それぞれx とy を2進数表現にして、けたごとの論理積及び論理和をとったものとする。

(n +1)AND 255
(n +1)AND 256
(n +1)OR 255
(n +1)OR 256

解答・解説へ

問題2

集合A B C に対してA B C が空集合であるとき、包含関係として適切なものはどれか。
ここで、∪は和集合を、∩は積集合を、X X の補集合を、また、X Y X Y の部分集合であることを表す。

(A B )⊆C
(A B )⊆C
(A B )⊆C
(A B )⊆C

解答・解説へ

問題3

3台の機械A、B、Cが良品を製造する確率は、それぞれ60%、70%、80%である。 機械A、B、Cが製品を一つずつ製造したとき、いずれか二つの製品が良品で残り一つが不良品になる確率は何%か。

22.4
36.8
45.2
78.8

解答・解説へ

問題4

図のように16ビットのデータを4×4の正方形状に並べ、行と列にパリティビットを付加することによって何ビットまでの誤りを訂正できるか。 ここで、図の網掛け部分はパリティビットを表す。

1
2
3
4

解答・解説へ

問題5

キーが小文字のアルファベット1文字(a, b, …, zのいずれか)であるデータを、大きさが10のハッシュ表に格納する。 ハッシュ関数として、アルファベットのASCIIコードを10進表記法で表した時の1の位の数を用いることにする。 衝突が起こるキーの組み合わせはどれか。 ASCIIコードでは、昇順に連続した2進数が、アルファベット順にコードとして割り当てられている。

aとi
bとr
cとl
dとx

解答・解説へ