必ず受かる情報処理技術者試験

当サイトは、情報処理技術者試験に合格するためのWebサイトです。
ITパスポート試験,基本情報技術者,応用情報技術者,高度試験の過去問題と解答及び詳細な解説を掲載しています。
  1. トップページ
  2. 応用情報技術者
  3. 平成27年度春季問題

平成27年度春季問題

問題1

ATM(現金自動預払機)が1台ずつ設置してある二つの支店を統合し、統合後の支店にはATMを1台設置する。
統合後のATMの平均待ち時間を求める式はどれか。
ここで、待ち時間はM/M/1の待ち行列モデルに従い、平均待ち時間にはサービス時間を含まず、ATMを1台に統合しても十分に処理できるものとする。

[条件]
 (1)  平均サービス時間:Ts
 (2)  統合前のシステムの利用率:両支店ともρ
 (3)  統合後の利用者数:統合前の両支店の利用者数の合計

解答・解説へ

問題2

2けたの2進数x 1x 2が表す整数をx とする。
2進数x 2x 1が表す整数を、x の式で表したものはどれか。
ここで、int(r )は非負の実数r の小数点以下を切り捨てた整数を表す。

解答・解説へ

問題3

製品100個を1ロットとして生産する。
一つのロットからサンプルを3個抽出して検査し、3個とも良品であればロット全体を合格とする。
100個中に10個の不良品を含むロットが合格と判定される確率は幾らか。

解答・解説へ

問題4

携帯端末に搭載されているジャイロセンサが検出できるものはどれか。

端末に加わる加速度
端末の角速度
地球上における高度
地球の磁北

解答・解説へ

問題5

自然数をキーとするデータを、ハッシュ表を用いて管理する。 キーx のハッシュ関数h (x )を  h (x ) = x mod n とすると、キーa とb が衝突する条件はどれか。 ここで、n はハッシュ表の大きさであり、x mod n はx をn で割った余りを表す。

a + b がn の倍数
a - b がn の倍数
n がa + b の倍数
n がa - b の倍数

解答・解説へ