必ず受かる情報処理技術者試験

当サイトは、情報処理技術者試験に合格するためのWebサイトです。
ITパスポート試験,基本情報技術者,応用情報技術者,高度試験の過去問題と解答及び詳細な解説を掲載しています。
  1. トップページ
  2. 基本情報技術者
  3. 平成18年度春季問題一覧
  4. 平成18年度春季問題71-解答・解説-分析

平成18年度春季問題

問題71

データウェアハウスを稼働させたが、一向に利用されない。ヒアリングの結果、利用者のスキルレベルが予想より低いという結論に達した。利用促進のための改善策として、適切なものはどれか。

管理職を通じて利用を促進するように通知を出す。
データ抽出や分析パターンに応じたテンプレートを標準として用意する。
データをよりリアルタイムに提供し、データの精度を向上させる。
利用者から要求されていると思われる情報を更に追加する。

データウェアハウスを稼働させたが、一向に利用されない。ヒアリングの結果、利用者のスキルレベルが予想より低いという結論に達した。利用促進のための改善策として、適切なものはどれか。

管理職を通じて利用を促進するように通知を出す。
データ抽出や分析パターンに応じたテンプレートを標準として用意する。
データをよりリアルタイムに提供し、データの精度を向上させる。
利用者から要求されていると思われる情報を更に追加する。

解答:イ

<解説>

利用者のスキルレベルが予想より低い事がデータウェアハウスが利用されない原因である。

対応策としては、次のようなものが考えられる。

  • 利用者がもっと簡単に利用できるようなテンプレートを用意する
  • 分かりやすいマニュアルを備える
  • 利用法を教える講習会を開催する

よってイが正解である。

キーワード