必ず受かる情報処理技術者試験

当サイトは、情報処理技術者試験に合格するためのWebサイトです。
ITパスポート試験,基本情報技術者,応用情報技術者,高度試験の過去問題と解答及び詳細な解説を掲載しています。
  1. トップページ
  2. プロジェクトマネージャ 午前2
  3. 平成27年度春季問題一覧
  4. 平成27年度春季問題9-解答・解説-分析

平成27年度春季問題

問題9

プロジェクトマネジメントにおけるクラッシングの例として、適切なものはどれか。

クリティカルパス上の遅れているアクティビティに人員を増強した。
コストを削減するために、こでまで承認されていた残業を禁止した。
仕様の確定が大幅に遅れたので、プロジェクトの完了予定日を延期した。
設計が終わったモジュールから順に並行してプログラム開発を実施するように、スケジュールを変更した。

プロジェクトマネジメントにおけるクラッシングの例として、適切なものはどれか。

クリティカルパス上の遅れているアクティビティに人員を増強した。
コストを削減するために、こでまで承認されていた残業を禁止した。
仕様の確定が大幅に遅れたので、プロジェクトの完了予定日を延期した。
設計が終わったモジュールから順に並行してプログラム開発を実施するように、スケジュールを変更した。

解答:ア

<解説>

クラッシングとは、コストとスケジュールのトレードオフを分析し、最小の追加コストで最大の期間短縮を得る方法を決定するスケジュール短縮技法である。十分な検討の上での対応が必要となる。

PMBOKではクラッシングの例として次のものを挙げている。

  • 残業の承認
  • 資源の追加投入
  • クリティカルパス上のアクティビティの迅速は引き渡しのための追加支出

「遅れているクリティカルパス上のアクティビティに人員を増強した」は資源の追加投入にあたる。

したがって、アが正解である。

遅れているクリティカルパス上のアクティビティに人員を増強した。
× コスト削減にはなるが、期間短縮ではない。
× 納期を変更しているのだから、期間短縮とは無関係である。
× 作業を平行実施することでスケジュールを短縮しようとするのはファストトラッキングである。