必ず受かる情報処理技術者試験

当サイトは、情報処理技術者試験に合格するためのWebサイトです。
ITパスポート試験,基本情報技術者,応用情報技術者,高度試験の過去問題と解答及び詳細な解説を掲載しています。
  1. トップページ
  2. プロジェクトマネージャ 午前2
  3. 平成28年度春季問題一覧
  4. 平成28年度春季問題21-解答・解説-分析

平成28年度春季問題

問題21

情報システムの設計のうち、フェールソフトの考え方を適用した例はどれか。

UPSを設置することによって、停電時に手順通りにシステムを停止できるようにし、データを保全する。
制御プログラムの障害時に、システム暴走を避け、安全に停止できるようにする。
ハードウェア障害時に、パフォーマンスは低下するが、構成を縮小して運転を続けられるようにする。
利用者の誤操作やご入力を未然に防ぐことによって、システムの誤動作を防止できるようにする。

情報システムの設計のうち、フェールソフトの考え方を適用した例はどれか。

UPSを設置することによって、停電時に手順通りにシステムを停止できるようにし、データを保全する。
制御プログラムの障害時に、システム暴走を避け、安全に停止できるようにする。
ハードウェア障害時に、パフォーマンスは低下するが、構成を縮小して運転を続けられるようにする。
利用者の誤操作やご入力を未然に防ぐことによって、システムの誤動作を防止できるようにする。

解答:ウ

<解説>

× フェールセーフの考え方である。
フェイルセーフとは、故障や操作ミス、設計上の不具合などの障害が発生することをあらかじめ想定し、起きた際の被害を最小限にとどめるような工夫をしておくことである。
× フェールセーフの考え方である。
フェイルセーフとは、故障や操作ミス、設計上の不具合などの障害が発生することをあらかじめ想定し、起きた際の被害を最小限にとどめるような工夫をしておくことである。
フェールソフトの考え方である。
フェールソフトとは、故障箇所を切り離すなど被害を最小限に抑え、機能低下を許しても、システムを完全には停止させずに機能を維持した状態で処理を続行することである。
× フールプルーフの考え方である。
フールプルーフとは、工業製品や生産設備、ソフトウェアなどで、利用者が誤った操作をしても危険に晒されることがないよう、設計の段階で安全対策を施しておくことである。

キーワード