必ず受かる情報処理技術者試験

当サイトは、情報処理技術者試験に合格するためのWebサイトです。
ITパスポート試験,基本情報技術者,応用情報技術者,高度試験の過去問題と解答及び詳細な解説を掲載しています。
  1. トップページ
  2. キーワード
  3. EVM

EVM

EVM(Earned Value Management:アーンドバリュー分析)とは、プロジェクトマネジメントにおいて進捗状況の把握・管理を行う手法である。

EVMでは、コスト,スケジュール(進捗)の両面からプロジェクトの状況とパフォーマンスを数値化することができる。

EVMで使用される主な用語は次のとおりである。

AC(Actual Cost:実コスト)
発生したコストの総額
EV(Earned Value:出来高)
完了した作業の承認済み予算で図った価値
PV(Planned Value:計画価値)
予定した作業に割り当てられた承認済み予算
SV(Schedule Variance:スケジュール差異)
SV=EV-PV
作業の進捗をスケジュールと比較して金額換算したもの。
SV>0ならスケジュールより早く進んでいること,SV<0ならスケジュールより遅れて進んでいることを示す。
CV(Cost Variance:コスト差異)
CV=EV-AC
発生した実コストを予定コストと比較した差異。
CV>0なら実コストが予算内に収まっていることを示しCV<0なら予算超過していることを示す。
WP(Work Packae:ワークパッケージ)
WBSにおけるコントロールの最小単位,詳細作業
CPI(Cost Performance Index:コスト効率指数)
CPI=EV / AC
SPI(Schedule Performance Index:スケジュール効率指数)
SPI=EV / PV
BAC(Budget at Completion:完成時総予算)
プロジェクトの完了時の実行予算総額
EAC(Estimate At Completion:完成時総コスト見積り)
プロジェクトの総コストの予測
EAC=AC+(BAC-EV) / CV

「EVM」関連の過去問題