必ず受かる情報処理技術者試験

当サイトは、情報処理技術者試験に合格するためのWebサイトです。
ITパスポート試験,基本情報技術者,応用情報技術者,高度試験の過去問題と解答及び詳細な解説を掲載しています。
  1. トップページ
  2. 高度共通 午前1
  3. 平成21年度春季問題一覧
  4. 平成21年度春季問題21-解答・解説-分析

平成21年度春季問題

問題21

ソフトウェア開発・保守工程において、リポジトリを構築する理由はどれか。

各工程での作業手順を定義することが容易になり、開発・保守時の作業ミスを防止することができる。
各工程での作業予定と実績を関連付けて管理することが可能になり、作業の進捗管理が容易になる。
各工程での成果物を一元管理することによって、開発・保守作業の効率が良くなり、用語を統一することができる。
各工程での発生不良を管理することが可能になり、ソフトウェアの品質分析が容易になる。

ソフトウェア開発・保守工程において、リポジトリを構築する理由はどれか。

各工程での作業手順を定義することが容易になり、開発・保守時の作業ミスを防止することができる。
各工程での作業予定と実績を関連付けて管理することが可能になり、作業の進捗管理が容易になる。
各工程での成果物を一元管理することによって、開発・保守作業の効率が良くなり、用語を統一することができる。
各工程での発生不良を管理することが可能になり、ソフトウェアの品質分析が容易になる。

解答:ウ

<解説>

リポジトリとは、何らかのデータや情報、プログラムなどが体系だてて保管されている場所。

リポジトリには、システムの設計情報やプログラムデータ、データの更新情報などが記録保管されており、特に複数の開発者が参加するプロジェクトにおいて開発状況の共有が容易にできるようになっている。

× リポジトリは、作業手順を定義するものではない。
× リポジトリは、進捗管理をするものではない。
リポジトリは、各工程での成果物を一元管理することによって、開発・保守作業の効率が良くなり、用語を統一することができる。
× リポジトリは、発生不良の管理や品質分析は行わない。

分類

キーワード