必ず受かる情報処理技術者試験

当サイトは、情報処理技術者試験に合格するためのWebサイトです。
ITパスポート試験,基本情報技術者,応用情報技術者,高度試験の過去問題と解答及び詳細な解説を掲載しています。
  1. トップページ
  2. 基本情報技術者
  3. 平成25年度春季問題一覧
  4. 平成25年度春季問題19-解答・解説-分析

平成25年度春季問題

問題19

主記憶の管理方式でマルチプログラミングでのプログラムの多重度の組合せで,スラッシングが発生しやすいのはどれか。

主記憶の管理方式でマルチプログラミングでのプログラムの多重度の組合せで,スラッシングが発生しやすいのはどれか。

解答:ア

<解説>

スラッシングとは、仮想記憶環境下において物理メモリが不足し、オペレーティングシステムがディスクとの入出力に処理能力のほとんどを奪われてしまった状態を指す。

スラッシングは、主記憶の管理方式が仮想記憶方式で、プログラムの多重度が大きい場合に発生しやすい。

したがって、アが正解である。

キーワード